コース紹介

> コース紹介 > 製菓衛生師科 > 在校生メッセージ

製菓衛生師科 在校生メッセージ

お菓子づくりのプロを目指す明るく楽しい仲間たち!
photo
いつか自分のお店を開きたい!
私の夢は技術力・接客力ある製菓衛生師になることです。高校生の頃からお菓子作りが好きで将来は製菓の技術が身に付けられる学校に進学したいと考えていました。平岡では、実習室も完備されており、基礎から応用までしっかり身に付けるができます。また、実技だけではなく接客業の基本も毎日のカフェでの学生販売を行うことで身に付けることが出来ます。大変なこともありますがやりがいがあり、とても毎日が充実しています。卒業後は専門店で更に技術を身に付け、将来は自分のお店を開きたいです。そのために、更に施設を有効に利用し、残りの学校生活を精一杯頑張りたいと思います。
製菓衛生師専修科1年 前田 菜摘
出身校:玉名女子高校(熊本県)
photo
難しい技術も確実にマスター!
基礎製菓実習ではお菓子ではナッペ、パンでは手捏ね・焼成、和菓子では包あんなど、現場では欠かすことの出来ない技術を修得しています。初めはぎこちなく苦労することもありますが、基礎の技術を身に付けることで、応用する際に予想以上の実力を発揮することが出来ます。
製菓衛生師専修科2年 後田 哲臣
出身校:諫早農業高校(長崎県)
photo
まるで本物の現場のような環境でプロになるための技術を養っています
大量製菓実習では現場さながらの環境に出来る限り近づけ、技術を修得しています。毎日、大量製造用の機械を用いて味、形が同じ様になるように心掛けながら製造に努めています。カフェでの売り上げにも影響するため、常に緊張感を持って実習に取り組んでいます。
製菓衛生師本科 古賀 和真
出身校:昭和学園高校(大分県)
photo
作るだけでなく、接客も学べるのが平岡流
カフェでは自分達で作ったケーキやパンをはじめ、おにぎりや唐揚げなどたくさんの種類の商品を販売しています。作るだけではなく、お客様との接し方なども学ぶことが出来ます。お客様の笑顔を見るとやりがいを感じ、「また次も頑張ろう」感じる良い時間となっています。
製菓衛生師専修科1年 北村 友里
出身校:三井中央高校
ページの先頭へ